エール朝ドラ

【エール】山崎育三郎の久志役モデルは誰?キャストをネタバレ調査!

朝ドラ「エール」に出演が決まった山崎育三郎さん。

 

山崎育三郎さんは、小山祐一の小学校の同級生の友達で、幼なじみの役を演じます。

 

又、山崎育三郎さんが演じる、佐藤久志のモデルになった人物は誰なのかも気になります。

 

今回は、山崎育三郎さんが演じる、佐藤久志のモデルになった人物についても、ネタバレ調査してみました。

 

スポンサーリンク

エール】裕一の友達は佐藤久志(さとうひさし)でどんな人?モデルは誰?

 

山崎育三郎さんが演じる、佐藤久志役のモデルですが、実在の人物でした。

 

昭和時代に活躍された歌手の、伊藤久男さんという方になります。

 

 

伊藤久男(いとう ひさお)さんは、1910年7月7日、福島県本宮市の生まれです。

 

本名は伊藤四三男(いとう しさお)。

 

伊藤久男さんはこれまでに、NHK紅白歌合戦に計11回出場されていました。

 

伊藤さんは、最初ピアニストを目指していましたが、古閑裕而と大学時代に出会い、仲良くなってから歌手になる道を選びます。

 

伊藤久男の家は、政治家一家でした。

 

お父さんは、立憲政友会所属で県会議を務めた伊藤愈。

 

兄は、福島県議会を得て、戦後に自由民主党所属の衆議院議員を務める伊藤幟でした。

 

かなり裕福な家庭でしたが、政治家の道ではなく音楽の道に進みたかった伊藤久男さん。

 

家族から音楽の道に進むことを反対されていました。

 

ピアノが大好きで、音楽の楽しさを知ってしまった伊藤さんは、反対を押し切り単身で東京に上京します。

 

そして家族へのカモフラージュのために東京農業大学に入学しています。

 

ところが伊藤久男は、東京農業大楽を中退してしまいます。

 

その頃、東京に住んでいた古閑裕而と出会い、出身も福島と同じの2人は仲良くなります。

 

そして、親には内緒で帝国音楽学校に入学するという、すごい行動力の持ち主です。

 

ですが、親にバレてしまい、仕送りはストップしたため、バイトをしながら、音楽の勉強を続けていきます。

 

その後、昭和8年6月25日、古閑裕而の勧めにより「今宵の雨」でデビューしたのです。

 

そして、「湖上の尺八」が伊藤久男の初のヒット作となります。

 

その後も、伊藤久男さんは古閑裕而と一緒に多くの作品をレコーディングしています。

 

古閑裕而が作るメロディーは、伊藤久男の歌唱力によって周りから高い評価を受けます。

 

「暁に祈る」や「イヨマンテの夜」「君いとしき人よ」などもありますが、夏の高校野球で歌われている「栄冠は君に輝く」。

 

高校野球に興味がない人でも、何となく覚えている歌ですね。

 

伊藤久男さんは、晩年は病魔との戦いでした。

 

お酒が大好きだった伊藤さんは、最後は糖尿病になり、インスリン注射をしなければいけなくってしまいます。

 

昭和50年以降には、インスリン注射による低血糖発作で震えながらステージに立ったこともあったそうです。

 

そして、1983年4月肺水腫のため、72歳でこの世を去っています。

 

 

スポンサーリンク

【エール】佐藤久志の歌声が話題!露営の歌はどうなる?

 

山崎育三郎さんが登場したのは、主人公・古山裕一の妻である音が歌の練習をしている時に、突然現れて歌のアドバイスをする「謎の男」としての場面からでした。

 


その後も、音と裕一は夫婦ゲンカをしてしまいます。

 

元気のないまま声楽の練習をしている音に、上級生のプリンスが声をかけて指導してくれます。

 

「君は指導したことを素直に受け入れてくれるから、見込みがあるよ。」と言われて音はこの男性が、以前に川のところで一人で練習してた時に声をかけてくれた「謎の男」と気付くのでした。

 

音は、プリンス久志と一緒に、バンブーの喫茶店に入ります。

 

そこへ帽子を忘れて取りに帰ってきた裕一の姿を見て、久志は気付いて声を掛けます!

 

久しぶりの再会に喜ぶ裕一と久志でした。

 

佐藤久志は、音楽学校時代は女学生の憧れの存在でしたが、学校を卒業後はなかなか芽が出ない時期が続きます。

 

この間に、小山祐一も不遇の時代もあったものの「船頭可愛いや」の曲がヒットして、人気作曲家の仲間入りを果たします。

 

裕一は、久志にも歌手として成功してもらいたいと協力を惜しみません。

 

また、佐藤久志は魅力的な女性には一直線です。

 

「船頭可愛いや」の歌を歌うことになった下駄屋の娘の藤丸さん、そして音の妹で作家を目指す梅ちゃんにも得意のウインクで果敢にアタックします。

 

 

下駄屋の娘・藤丸⇒「エール藤丸(下駄屋の娘)のモデルは音丸!船頭可愛いやと久志の恋は?

 

音の妹の梅ちゃん⇒「NHKエール梅(音の妹)の実在モデルは誰?結婚相手は弟子の五郎?

 

そんな佐藤久志ですが、戦争時代に突入。

 

友達の古山裕一が作曲を手がけた「露営の歌」を歌うことになります。

 

佐藤久志が、裕一と、鉄男(中村蒼さん)の「三羽ガラス」として活躍していくのかどうか、楽しみです。

 

スポンサーリンク

【エール】裕一の友達・佐藤久志役は山崎育三郎(やまざきいくさぶろう)!経歴プロフィールは?

 

エールで、古山裕一の友達で小学校の同級生の幼なじみ・佐藤久志役を演じるのは、ミュージカル俳優で歌手の山崎育三郎さんです!

 

ここであらためてですが、山崎育三郎さんの経歴にも触れてみたいと思います。

 


山崎育三郎(やまざき いくさぶろう)さんは、1986年1月18日生まれ、東京都の出身で、現在34歳。

 

現在は「研音」に所属されています。

 

山崎さんは、幼稚園のときに「アニー」をみて感動し、CDを購入し何度もアニーの曲を歌っていたんだとか。

 

音程の確かな歌声を聞いたお母さんが歌のレッスンをすすめ、小学3年生の頃から歌のレッスンに通い、11歳の時に、全国童謡コンクールにて審査員特別賞を受賞します。

 

翌年には、ジュニアミュージカルのオーディションを初挑戦ながら、3,000人の中から主役に抜擢され主演。

 

音楽一家の生まれではないのですが、ここまでの経歴を見ていると、才能をお持ちであることが分かります!

 

2007年に日本上演20周年の「レ・ミゼラブル」でマリウス役として正式デビュー。

 

2015年のTBSドラマ「下町ロケット」に出演したあたりから、ドラマの出演も増えていきます。

 

元モーニング娘の安部なつみさんとご結婚され、2018年には第2子も誕生されています。

 

意外にも、NHK朝ドラは今回が初出演なのだそうです。

 

このところドラマの出演も続いていて、2020年8月から放送されている日テレ系のドラマ「私たちはどうかしている」にも登場。

 

「わたどう」のドラマでは、主人公の七桜(浜辺美波さん)を温かく見守る、謎の男性・多喜川薫役を演じています。

 


わたどうのドラマは、エールと全然違うキャラなんですが、主人公の生い立ちの秘密にかかわっているのでは?と思わせるような面白い人物なんですよね。

 

山崎育三郎さんのファンにとっては、どちらも気になるドラマになりますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、エールのドラマに佐藤久志役で出演している、山崎育三郎さんのプロフィールや、山崎さんが演じる佐藤久志のモデルについてまとめてみました。

 

山崎育三郎さんの演じる役柄は、まさに本業とも言うべき、歌声を存分に活かせる役どころになっていますね。

 

今回の朝ドラは、山崎さんのような、ミュージカルや舞台経験のある方が多数出演していて、素敵な歌声も聴けるのが楽しいです。

 

山崎育三郎さん演じる久志と、オーディションをめぐって対決されたミュージックティーチャーについて「ミュージックティーチャーは実在する?古川雄大エールのモデルは誰?」でも紹介しています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

error: Content is protected !!