話題

米津玄師は紅白歌合戦2020に出演する?登場時間や場所を予想してみた

シンガーソングライターの米津玄師さんは、今もカリスマ的な人気がありますね。

 

米津玄師さんと言えば、2018年に紅白歌合戦に初出場して、白組で「Lemon」を唄っていました。

 

2019年には、歌唱は無しで、嵐の「カイト」初披露の企画コーナーに出演しています。

 

2020年の紅白歌合戦に、米津玄師さんは出場するのでしょうか?

 

今回は、「米津玄師は紅白歌合戦2020に出演する?登場時間や場所を予想してみた」と題して、米津玄師さんの紅白出場について調べてみました。

 

スポンサーリンク

米津玄師経歴プロフィール!本名は?

 

まずはこちらで、米津玄師さんの経歴プロフィールをご紹介させていただきますね!

 

 

米津玄師(よねづ けんし)さんは、日本のシンガーソングライターで、音楽プロデューサーの方です。

 

米津玄師さんの名前、本名なんですよね。

 

ただ本人は未だに、ご両親から名前の由来を聞かされていないのだそうです。

 

「米津」という苗字も非常に珍しく、日本に約6000人ほどしかいない希少な苗字ですね。

 

そんな米津玄師さんの別名は、ハチ蛙屋となっています。

 

生年月日は、1991年3月10日生まれで、2020年8月現在、29歳となっています。

 

出身地は、徳島県徳島市。

 

身長188cmで、血液型はO型となっています。

 

米津玄師さんの最終学歴は、徳島県立徳島商業高等学校卒業となっています。

 

活動期間は、2009年からとなっていて、メジャーデビューは、2013年です。

 

米津玄師さんが、幅広い年代に知られることとなった曲と言えば、Foorinに提供した楽曲『パプリカ』ですね。

 

米津玄師さんのことをあまりよく知らない方も、フーリンのみんなが歌うこの曲は知ってる方もいるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

米津玄師は紅白歌合戦2020に出演する?登場時間や場所を予想してみた

 

米津玄師さんは、2018年のNHK紅白歌合戦に初出場されていますが、翌年は出場を断ったと言われています。

 

アーティストの方々は、音楽を見てもらいたい方が多いので、通常の出場となると、本番当日の3日前から行われるという、長時間のリハーサルを避けたいし、当日の企画物に出演する必要があるので、これが嫌で出たくない人もいるそうです。

 

ですが、2020年の紅白歌合戦は、コロナの影響もあって、今まで通りの形式では開催出来ないでしょう。

 

無観客になるでしょうし、必要以上の歌手が一堂に集まるのは難しいと思われます。

 

となると、リモートの出演が取り入れられるでしょうから、そうなれば米津玄師さんのような、音楽アーティストの方にとっては、演出的に出演しやすいんじゃないでしょうか。

 

続いて、登場時間や場所について予想してみました。

 

2019年に、『NHKソング「カイト」』に出演された時は、後半28組の出演者の内最後から6番目でした。

 

時間帯は、23時台でした。

 

なので、もし米津さんが出演するとなると、2020年大みそかの紅白歌合戦も、おそらく後半か、もしくはトリに近い可能性があると予想しました。

 

 

スポンサーリンク

 まとめ

 

今回は、米津玄師さんが2020年の紅白歌合戦に出場するのかどうかの予想についてお伝えしました。

 

2020年は、コロナの影響で、テレビ番組も「リモート出演」などのいつもとちがう内容となっていますね。

 

私は個人的には、米津玄師さんの歌には勇気づけられる方もいると思うので、リモートで出演してもらえたらいいな、と期待しています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!