番組 PR

世界ふしぎ発見が終了する理由は打ち切り?草野仁は司会者引退後どうなる?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

TBS系列で放送されている「世界ふしぎ発見!」といえば、1986年4月から放送されている長寿番組。

毎週、世界各国に行って現地取材のレポートを元にスタジオで司会者の草野仁さんと、クイズを用いて回答者が問題を解いていくやり取りが面白いです。

そんな「世界ふしぎ発見!」の番組が、2024年3月で終了すると発表されました。

今回は「世界ふしぎ発見」の番組終了の理由や、MC司会だった草野仁さんの今後等、調査してみました。

 

 

世界ふしぎ発見が終了する3つの理由とは?

世界ふしぎ発見!番組終了の理由は草野仁さんの体力や解答者の高齢化、視聴率の低迷が理由と言われています。

ココからは、3つの理由を見ていきます。

理由その1:草野仁さんの体力

草野仁さん自身が毎週の出演は体力的に厳しくなっている、とのこと。

初代司会者を務めた草野仁さんは2023年10月現在で79歳。

もうすぐ傘寿を迎える年齢で司会者を続けていられること自体、ビックリします。

草野仁さんといえば、その体力を維持するためこれまでに様々な方法で食生活や身体づくりに気を使っていることで知られています。

朝は野菜サラダをたっぷり。まず最初に野菜を食べて、血糖値の上昇を緩やかにします。この食べ方は生活習慣病予防や、肥満が気になる方にオススメですよ。

スポニチアネックス

体力づくりにも熱心で79歳とは思えない筋肉がついています。

何と、2023年現在でも筋トレは続けているようで、過去に草野仁さんの筋トレメニューが紹介されました。

週に4~5回は15キロのダンベルを両手に持って腕を回すなどを80回×4~5セット。その他にも腹筋を200回×数セット、有酸素運動でフィットネス用バイクを30分やって1時間くらい。腹筋の方法はいわゆる、スタンダードな“上体起こし”。腹部が刺激されるからなのか、20年間便秘知らず。

スポニチアネックス

 

草野仁さんが筋トレを初めたのは還暦を過ぎてから!

それほどまでに身体に気を使わないと世界ふしぎ発見の司会という大役を維持出来なかったのかもしれません。

そして2023年4月からは、司会のバトンを石井亮次さんに譲っています。

 


司会交代の理由は明かされていませんが、その裏では草野仁さんの体力的な問題も含まれていたのかもしれません。

 

理由その2:視聴率

世界ふしぎ発見!は、今年で38年目となる超長寿番組ですが、ここ最近の視聴率はあまり芳しくありません。

世帯平均視聴率では厳しいながらも一定数をキープしていましたが、スポンサー側が重要視するコア層と呼ばれる13~49歳男女の視聴率が1.7~2%前後とかなり低迷しています。

世界ふしぎ発見は2023年1月に大幅なリニューアルを行いました。

これまでの各解答者が個別に答えを書き、正解数でトップ賞を競うスタイルを廃止。

解答者全員で意見を出し合って、1つの答えをみんなで決めるスタイルに変更しています。

この変更により、各解答者の正解ポイントを表していたヒトシ君人形の役割が無くなることに。

「ボッシュート!」と不正解者のヒトシ君人形が没収される演出がなくなって、ただの置き物になりました。

このリニューアルが不評だったのが、視聴者離れが番組終了の理由の一つと言われています。

その後、司会者を草野仁さんからフリーアナウンサーの石井亮次さんに交代する等、テコ入れをしてきましたが視聴者離れは止められませんでした。

当ブログも番組の一ファンなのですが、「草野仁さんと黒柳徹子さんや野々村真さん、岡田圭右さんたちおなじみメンバーとの絡み合い」と「ヒトシ君人形」が番組の本体と言っても過言ではなかったように思います。

ですが、その2つを廃止や減少させてしまったのは残念でなりません。

 

理由その3:解答者の高齢化

世界ふしぎ発見!の番組が終了する、3つめの理由は、解答者の高齢化問題です。

この記事でも何度も登場した世界ふしぎ発見のおなじみメンバーの方々ですがそれぞれの年齢は、2023年10月現在、

  • 草野仁さん  1944年2月24日生まれで79歳
  • 黒柳徹子さん 1933年8月9日生まれで90歳
  • 野々村真さん 1964年6月24日生まれで59歳
  • 岡田圭右さん 1968年11月17日生まれで54歳

と、なっています。

世界ふしぎ発見の初回放送日は1986年4月19日でその第1回目から出演しているのが、草野仁さん、黒柳徹子さん、野々村真さんです。

黒柳徹子さんにいたっては初回の放送開始から1度も番組を休んだことがありませんし、
黒柳徹子さん自身も番組の撮影を毎回楽しみにしていたようです。

ちゃんと勉強してなかった歴史が、仕事で出来るんですから、こんなにありがたいことはありませんでした。

黒柳徹子さんコメント

 

番組のリニューアルや司会者の交代等、時代の変化と共に少しずつ形を変えていく必要がある中で解答者の世代交代は、ある意味で自然の流れです。

ですが、そこを変えずにレギュラー解答者が一つの時代を築き上げた節目として番組を終了することもまた時代の流れなのかもしれませんね。

 

【世界ふしぎ発見】草野仁さんは司会者引退後もクイズマスターで出演

2023年4月から、初回放送から長きにわたって司会を務めてきた草野仁さんの後を、フリーアナウンサーの石井亮次さんが引き継いでいます。

草野仁さんは番組を「卒業」ではなく、解答者にヒントを出す「クイズマスター」として出演しています。

名誉役員みたいなものでしょうか。

司会者交代によって解答者との掛け合いが無くなるのでは?と心配もありましたが、全くなくなったというわけではありません。

やはり、「世界ふしぎ発見」は草野仁さんと黒柳徹子さんら解答者たちとの掛け合いがあってこその魅力ですし、その雰囲気全体が38年も続く超長寿番組の秘訣だったのかもしれません。

草野仁さんはコメントの中で自らの役割を「天職」と表現しています。

ゲストの皆様を捌いていくことの楽しみを覚えるようになり、ついにはこの仕事が天職であったなと思うようになりました。
初代司会者として何と37年間も続けることができました。これは奇跡というしかありません。

草野仁さんコメント

 

 

 

世界ふしぎ発見コロナの影響について!2022年7月より海外ロケ再開へ

ここからは、過去の番組についての話題についても見ていきます。

2020年に入り、日本国内のみならず世界中で新型コロナウィルスの影響が広がりました。

そのため、海外ロケを必要とする番組では海外でのロケ撮影が出来なくなり、「世界ふしぎ発見」も影響が。

2020年4月7日に政府が「緊急事態宣言」を東京都に発令すると、各テレビ局では番組のロケがストップすることに。

4月中はこれまでに撮影したストックが残っているので、通常の放送が行われてきました。

その後ストックが無くなったため、過去の放送分を編集して「傑作編」として放送された時期もありました。

確かに「世界~」となっているのに、そうでない内容を放送するわけにもいかないですしね。

そのためここ最近まで日本国内を題材にした回を例年より多くしたり、国外を取り上げる際も現地在住者をリポーターに起用するなどして放送されてきました。

そんな「世界ふしぎ発見」の番組も、2022年7月30日の放送よりようやく海外ロケが再会されました。

再会第一弾のロケ地は、日本人に大人気のハワイ!

コロナや円安の影響でなかなか現地に旅行に行けないかたにとっても、7月30日の放送は楽しめる番組となったようです。

 

 

【世界ふしぎ発見】岡田圭右なぜ司会MC起用?

「世界ふしぎ発見!」の番組MCといえば、番組がスタートした時から、単独司会をつとめてきた元NHKアナウサーの草野仁さんですよね。

その後、2005年4月よりTBSアナウンサーの出水麻衣さんがアシスタントをつとめることになりました。

さらには、ますだおかだの岡田圭右さんが、 準レギュラー解答者として登場してからは、2019年1月19日と、6月15日の放送分以降、出水アナと共にアシスタントを担当するようになっています。

ところがこの岡田圭右さんのMCが予想以上に、視聴者からは不満の声があがっています。

ほとんどの声が「岡田さんのしゃべる声がうるさく感じて番組に集中できない。」というもの。

岡田圭右さん、単独だと芸人としては面白いのでしょうが、司会としてはどうなの??と思われたようです。

どうして岡田さんが急にこんなに出演されるようになったのかというと、レギュラー回答者の黒柳徹子さんが、岡田圭右さんのことを気に入られたそうなんです。

そのため、黒柳徹子さん直々に岡田圭右さんを番組に登場させてほしいとの希望があったことからこの様な待遇になったと言われています。

黒柳徹子さんは番組には欠かせない存在ですし、芸能界の重鎮ともなればそう簡単に黒柳さんの依頼を断ることは出来ませんよね。

世界ふしぎ発見の終了に世間の声は?

世界ふしぎ発見!の番組終了については、ネット上でもさまざまな声があがっています。

 

今回は「世界ふしぎ発見」の番組についてまとめてみました。

長寿番組が終了してしまうことは残念ですが、終了後も特番の放送が予定されてるので、そちらの放送も今後、楽しみです。


最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!