星・気象 PR

【しぶんぎ座流星群2024】青森県で見える場所や方角はどこ?時間はいつなのかも調査!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「しぶんぎ座流星群」は、日本三大流星群の1つです。

この流星群は毎年、お正月の1月上旬を中心に見ることが出来ます。

年に一度しかない、しぶんぎ座流星群をベストなピークの時間に見たい方もいるのでは?

今回は、2024年のしぶんぎ座流星群について

  1. 青森県でよく見える方角や時間
  2. 青森県の穴場観測スポット
  3. しぶんぎ座流星群の生まれる仕組み

について分かったことをお伝えします。

【しぶんぎ座流星群2024】青森県で見える時間はいつ?

2024年にしぶんぎ座流星群が青森県でよく見える時間は、

2024年1月4日と5日の2夜どちらも、深夜1時から明け方5時です。

しぶんぎ座流星群の活動が最大になる「極大時刻は4日18時ごろ」とされています。

なので、その前後の時間帯が一番星が流れるピーク時間になります。

2024年の日本では、ピーク時間の放射点(流星の流れる元の地点)がとても低い(地平線に近いか地平線の下)なので観測に向かない時間帯です。

流星群は放射点が高く(天頂に近づく)なる頃が一番観測しやすい時間帯になりますので、実際によく見える時間帯はピーク時間よりも遅い「4日の深夜から5日の明け方」がおすすめです。

ちなみに、2024年のしぶんぎ座流星群では、1時間当たりおよそ10個の流れ星が予想されています。

 

 

しぶんぎ座流星群2024が青森県でよく見える方角は?

2024年にしぶんぎ座流星群が青森県でよく見える方角は、西北西です。

流星群は決まった方角だけに現れるわけではなく、夜空全体に見ることができる現象です。

流星を探す時に気を付けたいことは、月のある近くは明るくて見ずらいので避けること!

  1. もしも月が東の方向にあるのならば西を探す
  2. 西に月があれば東の空を探す

という具合に月の反対側の空を探してください。

2024年1月4日深夜1時から、明け方、1月5日の5時に月がある方角は、東南東~南東です。

なので、この反対側の西北西~北西が流星を見つけやすい方角です。

月明かりが気にならない方角を探すことが、しぶんぎ座流星群を見つけやすくする大切なポイントになります。

どうしても「方角がよくわからない」時は、今見えている月を背中側にして夜空を見上げてください。

それが、一番月の影響を受けない方角です!

 

 

しぶんぎ座流星群・見つけやすくするポイント4つ

しぶんぎ座流星群を見つけやすくするポイントは4つです。

  1. 活発に活動している流星群の極大の時刻前後をねらう
  2. 放射点が高い時間帯をねらう
  3. 月明かりが少ない夜をねらう
  4. 人工の明かりが少なく、空が広く見渡せる場所をねらう

↑の4つを詳しく見ていきます。

①極大時刻の前後

極大(きょくだい)とは、流星群が一番活発な時期のことを呼びます。

流星群の活動は突然最大にパッと起こるのではなく、徐々に活発になり、最大の極大時刻を過ぎるとまた徐々に静かになります。

その中で一番流星が見られるのは、やはり極大時刻の前後だということです。

 

②放射点が高い

放射点とは、流星群の飛び出してくる元の位置のことです。

流星は、夜空のある1点から放射線状に飛び出してくるように見えます。

この位置が低い(地平線に近い)と、流星が飛び出してきても半分は地平線の下に隠れてしまい夜空に見ることができません。

そのため、放射点が高い(天頂に近い)流星群の方が流星をたくさん見られる確率が上がるのですね。

③月明かりが少ない夜

流星の光は、月の光に比べてとても小さい輝きです。

そのため月が明るく輝くとその明るさに負けてしまい、流星の光を見つけることが難しいです。

月齢(月の明るさ)が15(満月)に近い時、夜空全体がとても明るくなっていますよね。

月が昇らない時間帯や、新月や三日月などの月があまり明るくない夜がねらい時ということになります。

 

④人工の明かりが少なく空が広く見渡せる場所

月の明かりと同じように、街灯や街の電気の明るさは流星の光の邪魔になります。

流星群の観測には、山や森など人口の明かりが少ない場所がおすすめです。

また、流星群はある一か所だけで見られるものではなく、広い空に飛び散った光を探します。

なので、できるだけ広く空が見渡せる場所が、数多くの流星を見れる場所となります。

青森県は国土が都市部から、山間部まで範囲が広いです。

ちなみに、都会の場所では、星空の観測を行っても見れないと思われがちなのですが、空が晴れていれば、青森県内からでも流れ星が観測されたと報告が上がっていますね。

 

【しぶんぎ座流星群2024】青森県で見えるおすすめスポットを紹介

ここからは青森県でしぶんぎ座流星群を観測するのに、最適な観測スポットを紹介します。

青森市浅虫ダム

青森市浅虫ダムは、周囲の景色が美しい、静かなダムです。

地元の方のウォーキングコースとしても人気の場所です。

青森市浅虫ダム

  • 住所:青森県青森市大字浅虫内野

 

 

しぶんぎ座流星群とはどんな星?

毎年1月に観測される「しぶんぎ座流星群」は、8月の「ペルセウス座流星群」、12月の「ふたご(双子)座」と並び、三大流星群と呼ばれています。

三大流星群の大きな特徴としては、流れ星が安定してたくさん見られるということです。

特に近年では、流星群の観測数と安定度は、ペルセウス座・ふたご座に次いで観測出来ると言われています。

しぶんぎ座流星群とは、毎年1月上旬に活動する流星群の名前です。

しぶんぎ座のあった方角に流れ星が飛び出す中心(放射点)があるため、「しぶんぎ座流星群」と呼ばれています。

放射点って何?ですが、流星群には「放射点」と呼ばれるポイントがあり、その放射点から星が飛び出すように流れるとのこと。

イメージとしては、星が飛び出していく中心のようなところです。

りゅう座星付近を放射点にしていることもあり、しぶんぎ座流星群と呼ばれます。

ちなみに、りゅう座の放射点が北天にあるので、この流星群の観測は、事実上北半球に限られています。

日本の太平洋側はこの頃天候に恵まれていることから、日本での観測に適した流星群でもあります。

流星群の名前に付けられている「しぶんぎ座」とは、現在は存在しない「壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)座」という星座に由来しています。

四分儀は、地平線からの高度を調べる天体観測に使う道具です。

現在の星座でいうと「牛飼い座」と「りゅう座」の境あたりです。

引用元:国立天文台ホームページ

 

 

しぶんぎ座流星群を、青森県で見る方法・まとめ

今回は、2023年の年末から、2024年1月にかけて見れる「しぶんぎ座流星群」を、青森県で見る方法についてお伝えしました。

しぶんぎ座流星群は、1時間に約30~60個と多く流れることもあるそうなので、家族や友人・カップル同士と楽しめるのではないでしょうか。

年末の12月から年明けの1月に入ってからだと、かなり寒くなるので、防寒対策だけは欠かさないでくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!