人物 PR

やくしまるえつこ現在何してる?旦那や子供がいるのか?薬師丸ひろ子との関係も調査

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事は、やくしまるえつこさんの2024年現在について、分かったことをお伝えしています。

やくしまるえつこさんは、2006年結成の相対性理論(バンド)のボーカルをつとめ、ソロシンガーとしても多数のヒット曲を持って活躍されてこられました。

 

やくしまるえつこは現在何してる?

やくしまるえつこさんは、相対性理論としての活動を現在休止しています。

となると、やくしまるえつこさんは2024年現在どうしているのでしょう?

やくしまるえつこさんは2024年現在、主に

  1. ソロとしての音楽活動
  2. ナレーション
  3. アーティスト活動

など様々な分野で活躍されてます。

主な現在の活動はこちら

①楽曲提供(ソロとしての音楽活動)

やくしまるえつこが作曲を担当(ティカ・α 名義)

薬師丸ひろ子『水色星座』

2024年1月24日発売 薬師丸ひろ子 ニューアルバム「Tree」に収録

引用元:やくしまるえつこ公式サイト

 

②ナレーション

やくしまるえつこが毎年語りを担当 人気経済ドキュメント「欲望の資本主義」2024年最新版 1/11放送

引用元:やくしまるえつこ公式サイト

 

③アーティスト活動

羽田空港第2ターミナル国際線到着エリアやくしまるえつこによるオリジナルサウンドアートを展開

引用元:羽田空港公式サイト

 

やくしまるえつこさんはこれまでにも、SMAPの『GAIAにおねがい』や、山下智久さんの『愛、テキサス』、ももいろクローバーZの『Z女戦争』など誰もが知っているようなアーティストの曲を作詞作曲をしています。

やくしまるえつこさん、相対性理論のバンドが活動休止している間にも、さまざまな活動を行っているんですね。

 

やくしまるえつこの相対性理論(バンド)の活動休止理由は何?方向性の違いが原因?

やくしまるえつこさんの、相対性理論(バンド)の活動休止理由については、やくしまるえつこさん個人での活動が忙しくなったことが理由のようです。

相対性理論(バンド)は2006年結成後、デビューアルバムの『シフォン主義』収録の『LOVEずっきゅん』が話題となり、第1回CDショップ大賞を受賞。

ですがその後、2012年にそれまでメインで作詞作曲を行っていたベースの真部脩一さんが脱退。

以降、バンドの方向性は大きく変わることになりました。

定期的にCDリリースとライブ活動は行ってたものの、2019年を最後に活動休止になりました。

やくしまるえつこさんにとって相対性理論(バンド)は活動の一つであり、他の活動に忙しいというのが活動休止理由として考えられます。

 

やくしまるえつこの相対性理論(バンド)の活動再開はいつになる?時期について予想してみた

相対性理論(バンド)の活動再開は実現するでしょうか?

2024年時点では、正式な発表はありません。

ですが、2026年の結成20周年を迎えます。

そうすると、記念の年に合わせて活動再開するかもしれません。

相対性理論(バンド)最後のライブは平成最後の日となる2019年4月30日となりました。

それ以降も新曲の発表や過去音源のリミックス発売など行われており、今現在は本格的な活動再開の準備中、とされています。

2026年に、相対性理論はバンド結成20周年を迎えるため、この記念日に活動再開ライブが発表される可能性があるのかも!?

 

 

やくしまるえつこの現在!結婚して旦那や子供がいる?

続いて、やくしまるえつこさんのプライベートについて調査してみました。

やくしまるえつこさんはご結婚されてるでしょうか?

子どもがいるのでしょうか?

調査してみましたが、結婚している情報は見つけられませんでした。

やくしまるえつこさんは、1987年生まれ、2024年現在36歳なので、結婚して子供がいてもおかしくない年齢になります。

ですが、ソロでも上述のように精力的に活動していることから、

  • 独身
  • 既婚だけど子供なし

ではないかと推測されます。

やくしまるえつこさんといえば、メディア出演もほとんどないこともあって、プライベートな情報も明かされていません。

そんなミステリアスな人物像も、やくしまるえつこさんの魅力と言っていいでしょう。

 

やくしまるえつこwiki経歴プロフィール

ここからはあらためて、やくしまるえつこさんの経歴をご紹介します。

  • 本名:丸野悦子
  • 別名:作詞提供の名義はティカ・α
  • 生年月日:1984年6月3日(2024年現在、36歳)
  • 最終学歴:武蔵野美術大学卒業
  • 職業:歌手、作詞、作曲家、音楽プロデューサー
  • 参加ユニット:相対性理論、TUTU HELVETICA
  • 担当楽器:ボーカル、dimtakt、ギタープログラミング

やくしまるえつこさんは2006年に永井聖一さん、真部脩一さん、西浦謙助さんらと4人で相対性理論のバンドを結成します。

自主レーベルであるみらいrecordsを拠点に活動を行い、現在もレコード会社やプロダクションなどには所属せず活動をされています。

『相対性理論』というバンド名はやくしまるえつこさんの父親が科学者であることから命名されてるとのことです。

 

 

やくしまるえつこと薬師丸ひろ子の関係とは?

やくしまるえつこさんの現在について調査していると、なぜか薬師丸ひろ子さんの名前が挙がってきます。

もしかしてお2人は親戚同士、あるいは姉妹?と思い調べてみますと、全くの他人同士であることが分かりました。

ただ全く接点がない、というのではなく、薬師丸ひろ子さんが2024年1月24日に発売した6年ぶりのオリジナルアルバム「Tree」にて、やくしまるえつこさんが「水色星座」の作曲を提供されてます。


本作は「Tree」というタイトルで、冨田恵一がプロデュースした配信シングル「素敵をあつめて」、昨日12月12日に千秋楽を迎えた全国ツアー「薬師丸ひろ子 Concert Tour 2023 ~愛しい人~」で披露された楽曲「時の道標」を含む全10曲が収録されています。

error: Content is protected !!