話題

天風いぶきwikiプロフィール!本名や結婚は?宝塚や秘書時代の評判を調査!

2020年7月に行われる東京都議補選に、元宝塚の天風いぶき(あまかぜ いぶき)さんが出馬されますね!

 

元タカラジェンヌということや、あの小池百合子都知事の秘書を務めていたことも話題で、どういう方なのか気になります。

 

今回は、天風いぶきさんの本名やプロフィール、結婚や宝塚や秘書について調べてみました。

 

スポンサーリンク

天風いぶきのwiki経歴プロフィール!本名や宝塚時代は?

 

まずはこちらで、天風いぶきさんのプロフィールをご紹介させていただきますね!

 

 

天風いぶき(あまかぜ いぶき)さんの本名は、森口 梢(もりぐち こずえ)さんという名前になります。

 

続いて、生年月日は、1986年6月21日ですので、2020年7月現在の年齢は、34になります。

 

身長は、172cmで、血液型はB型。

 

出身地は富山県富山市であることを公表されています。

 

ただ、生まれは東京都で、両親ともに国会議員秘書をされていたんです。

 

お父さんは4歳の時にお亡くなりになり、お母様が女手一つで育ててくれたんだとか。

 

天風いぶきさんは、出身はどのサイトで確認しても富山県になっていたので、東京から引っ越しされてきたのでしょう!

 

富山というと立山や黒部ダム、また魚津市では蜃気楼が数少ない観光スポットとして有名です。

 

天風いぶきさんは、こんな非常に自然豊かなところで育ったんですね。

 

そして学歴は、富山第一高校からの、宝塚音楽学校となっています。

 

天風さんの趣味については、分かりませんでしたが、特技はクラリネットなのだそう。

 

天風いぶきさんは、宝塚歌劇団90期生のご出身

 

「宙組」に所属して、男役をされていました。

 

「宙組」といえば、男役さんは全組の中でも、高身長の男役さんが揃っていることで知られていますね。

 

天風さんの初舞台は、2004年4月、雪組宝塚大劇場公演『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!』でした。

 

そこから10年間あまり、男役スターとして活躍。

 

最後の舞台は、2014年7月の『ベルサイユのばら – オスカル編 -』の東京公演千秋楽で、この舞台をもって宝塚を退団されました。

 

 

2014年に宝塚を退団された後は、現都知事である小池百合子さんの秘書を務めておられました。

 

将来的には、政界を見据えて、秘書で経験を積まれていたようです。

 

宝塚を退団した後は、芸能界に転身されることが多いですが、政治の世界に進む方はなかなかいないですよね。

 

ただ、宝塚音楽学校は、とても規律正しくて、上下関係が厳しい学校生活であることが有名です。

 

2年間、同じ場所の拭き掃除を毎日任されて、卒業まで磨き続けるという話もよく聞きます。

 

他にも、通学する時は必ず電車は最後尾に乗車(将来は阪急グループの一員になるので、未来の先輩達の前にが乗っている事を考えて最後尾に乗る。)するのだとか。

 

元タカラジェンヌの方は、音楽学校を卒業されて、宝塚でも活躍されてこられています。

 

天風さんも、確固とした軸をお持ちだと思いますし、どんな世界に転身されたとしても、活躍されるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

天風いぶきは結婚はしてる?旦那や子供について!

 

 

天風いぶきさんはご結婚されているのでしょうか。

 

年齢的には、ご結婚されていてもおかしくないですよね。

 

そこで、天風いぶきさんの旦那さん、お子さんの情報を調べてみたのですが、今のところ全く情報がありませんでした。

 

芸能人ということでないことから、あえて公表してないのでしょう。

 

ご結婚されていても、公表されていないだけなのかもしれません。

 

いろいろと調べてみますと、宝塚で男役で活躍されてきた方は、独身の女性が多いようですね!

 

真琴つばさ(まことつばさ)さんや、天海 祐希(あまみゆうき)さん。

 

他にも、紫吹淳 (しぶきじゅん)さん、凰稀かなめ(おうき かなめ)さん。

 

思いつく元宝塚男役のトップスターの方は、現在も独身の方が多いです。

 

今後もし、結婚されていることなど分かりましたら、追記させていただきます。

 

東京都議補選については、「ゆづか姫wikiプロフィール!名前の由来や学歴は?整形の画像や英語がヤバい!」でもお伝えしていますので、ぜひ見ていって下さい!

 

スポンサーリンク

天風いぶきの秘書時代は?出馬ニュースもチェック

 

小池百合子都知事が特別顧問を務める地域政党、都民ファーストの会は1日付で、東京都議補選(6月26日告示、7月5日投開票)の北区選挙区(定数1)に、元タカラジェンヌの天風(あまかぜ)いぶき氏(34)を公認候補として擁立することを決めた。

 

天風氏は02年、宝塚音楽学校に入学。90期生で、宝塚歌劇団では「宙組」に所属し、04年の「スサノオ」で初舞台を踏んだ。14年、「ベルサイユのばら-オスカル編-」を最後に、退団した。

 

その後は、小池氏の秘書も務めていた。

 

小池氏が再選出馬を予定する都知事選と同じ日に投開票される同補選は、「女性の戦い」として、にわかに注目が集まっている。

 

これまでに、自民党が北区議の山田加奈子氏(48)、立憲民主党が「筆談ホステス」で、元北区議の斉藤りえ氏(36)、日本維新の会が佐藤古都(こと)氏(32)を、それぞれ公認し、擁立する予定。都政の知事与党、都民ファが天風氏の擁立を決めたことで、三つどもえならぬ、女性新人候補による「四つどもえ」の大激戦となりそうなのだ。

 

北区は、昨年の参院選で国政に転じた音喜多駿参院議員の地元。この補選は、音喜多氏が昨年、任期途中で都議を辞職したことに伴い実施される。

 

引用元:日刊スポーツ

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、天風いぶきさんの経歴プロフィールをもとに、本名や結婚、宝塚や秘書時代について、まとめてみました!

 

天風いぶきさんは、小池百合子さんの秘書を務められていたということで、小池さんの元でどう学ばれてきたのかを見てみたいという声も聞かれています。

 

7月の選挙が近づいてきたら、そのあたりのことを、天風さんが語ってくれるのではないでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!