鬼滅の刃

鬼滅の刃遊郭編の映画化はいつからいつまで?公開日を調査

2021年12月よりテレビで放送されている、鬼滅の刃「遊郭編」がスタート。

2022年になってもなお大ヒットのアニメになっています。

そんな中、続編「鬼滅の刃・吉原遊郭編」の映画化の話はあるでしょうか?

今回は「鬼滅の刃・吉原遊郭編」の続編や、映画化についても調査してみました。

 


鬼滅の刃(きめつのやいば)遊郭編の映画化はいつからいつまで?公開日は2022年か?

鬼滅の刃「遊郭編」の映画化については、具体的な公式サイトからの発表は、2022年現在まだ公表されていません。

ただ「遊郭編」が2021年12月5日より放送されていますが、深夜帯の23時台からの30分放送にもかかわらずこの時間帯としては高視聴率が毎週続いていることや、遊郭編より新たに登場するキャラクターの声優さんが毎回トレンド入りするなど、今なお大人気のアニメとなっています。

  • 宇髄天元の嫁
  • 「上弦の陸」堕姫
  • 「上弦の陸」妓夫太郎
  • ムキムキねずみ
  • 童磨

そして前シリーズの「無限列車編」に続いて、「遊郭編」もかなりの高画質なアニメ作品として放映されていることから「映画編としてもみたい!」「この作画クオリティは映画化されてもおかしくないのでは?」との声がSNS上であがっています。

ちなみにテレビアニメ「遊郭編」は2月13日(日曜日)の放送が最終回であることが公式サイトで発表されました。

鬼滅の刃は「遊郭編」が終わった後も、原作マンガではまだまだシリーズが続きます。

そうなってくると、2月13日(日)最終回放送の後に、次シリーズの予告発表がある可能性も残されていますが、「遊郭編の劇場版(映画化)はありません。」と公式サイトで発表されてはいません。

「遊郭編」のDVDは2022年2月23日に発売予定となっています。

早ければGWに入るまでの4月下旬ごろに劇場版「きめつのやいば遊郭編」が公開される可能性もあります。

無限列車編の時も素晴らしい作画でしたが、今回の遊郭編も特に戦闘シーンの迫力や、遊郭の背景画が素晴らしいですね!

遊郭編のアニメの作画クオリティがあまりにも素晴らしいために、視聴者から「あれだけの作品を創るには相当な労力と時間をかけているのでは?」「アニメ会社に所属している製作スタッフさんが酷使されていて、”やりがい搾取”されているんではないの??」という意見も。

実際これだけの作品を作ろうとするならば確かに1コマごとの絵コンテも必要なので、膨大な時間と労力が必要になってきます。

鬼滅の刃のアニメに対しては、熱狂的なファンが日本のみならず世界中にいるので、決して製作スタッフさんが働きすぎることのないよう、余裕を持った作品作りを希望したいところです。

 

鬼滅の刃の続編「吉原遊郭編」放送日はいつから?

鬼滅の刃のアニメは原作漫画が元になっており、映画版は「無限列車編」として2020年に公開されると、324億もの興行収入を記録して、大ヒットとなり、2021年になってもなお人気のアニメになっています。

「吉原遊郭編」のボリュームは、無限列車編のちょうど2倍あり、劇場版映画化となるとかなりの量であることからネット上では、「映画化は無理ではないか?TVアニメでの放送がちょうどいいのでは?」との声が以前からあがっていました。


ですがこの度「無限列車編」が興行収入を「千と千尋の神隠し」の歴代記録を塗り替えて第1位となったことから、具体的な続編に向けての動きがスタートしていました。

2021年以降も興収記録を伸ばし続けることが必至と言われており、あるアニメ業界関係者は「今回の映画の企画が立ち上がった時点で、その先の企画の話も出ていると聞いています」と語っていたことが分かりました。


鬼滅の刃が初めて映画化された「無限列車編」は原作コミックス2巻分で描かれているのに対し、次につながるエピソード「吉原遊郭編」は4巻分と倍のボリューム。

別の関係者は「映画1本では描ききれない。映画で展開するなら前、後編の2本立てで作るのが現実的でしょう。」と語っています。

アニプレックスと共同配給する東宝の市川南常務取締役は、2020年12月15日に都内の同社で開いた会見で「我々は、ぜひ続編をやらせていただきたいと切望しております。」と、
原作のさらなるアニメ映画化に強い意欲を見せています。

一方、アニメを製作しているのは、アニプレックス、原作の出版元の集英社、アニメを製作したスタジオufotable(ユーフォーテーブル)の3社です。

東宝の市川南常務取締役は「映画やアニメは3社が作られていて、我々は配給の立場なので、ぜひと切望しておりますがその後の動きは聞いておりません。」と発言するにとどめていました。

もし本当に続編の可能性がゼロならば、完全否定の発言コメントが出てくるはず。

今回続編について希望的なコメントを取締役が発しているということで、続編に向けての動きがあるということです。

【2021年9月25日追記】

人気アニメ『鬼滅の刃』の特別番組「鬼滅祭オンライン -アニメ弐周年記念祭-」が2月14日、ABEMAアニメ2チャンネルで無料配信されて、番組のラストにアニメ第2期となる「遊郭編」が2021年度中に放送されることが発表され、その後地上波で映画「無限列車編」が放送後に、「遊郭編」はフジテレビ系で12月5日(日)の夜23時15分より放送されることが正式に発表されました。

2021年度中に放送が決まったことで「鬼滅の刃」のファンにとっては次の楽しみが出来ました!

12月5日以降の具体的な放送日時や、10月時点で「堕姫」の声を沢城みゆきさんが担当する以外、他の声優さんの担当発表4はもう少し後になるようですが、ともかくも続編として見れるのは嬉しいですね!

「鬼滅の刃立志編」からの「無限列車編」が映画化されたことで、「遊郭編」もテレビアニメからの映画化となる可能性も浮上してきました。

 

鬼滅の刃「吉原遊郭編」とは?

鬼滅の刃の漫画は週刊少年ジャンプで、2016年11号から2020年24号まで連載されていまして、原作マンガコミックスは全部で23巻となっています。

「吉原遊郭編」はこの巻数のうち、8〜11巻の70〜97話にあたります。

吉原遊郭編では、鬼舞辻無惨直結の部下「十二鬼月」との戦いが描かれます。

無限列車編では煉獄さんと猗窩座の戦いを、見ていることしかできなかった炭治郎たちでしたが、遊郭では音柱と協力して上弦の陸の鬼との戦いに立ち向かっていくのです。

過酷を極める上弦の鬼との闘いの中で、煉獄杏寿郎の言葉を思い出した竈門炭治郎は、その言葉を糧にして立ち上がり、呼吸を新たな境地へと進化させるのです。

さらに、炭治郎を助けるべく尽力する禰豆子(ねずこ)の体にもとある異変が!

人々を救いたいという想いを糧に、竈門兄妹が成長したくましく鬼に立ち向かう姿が描かれていて、昔からの原作ファンの中には「一番好きな回」という人もいます。

まずはアニメ化が決定しましたので、映画化についても期待が高まりますね^^

最後に

今回は「鬼滅の刃・吉原遊郭編」の映画化の公開日についてお伝えしました。

2020年以降コロナの影響で何かとエンタメ業界特に映画については苦しい期間が続いただけに、大ヒットアニメが生まれてよかったです^^

当初は「吉原遊郭編」をどのように子供向けに説明していくのか、もしかしたら大幅な路線変更にする可能性もあるかもしれないということで、放送前から賛否両論の声もあがっていましたが、実際の放送が始まると想像以上にアニメの作画や声優さんの素晴らしさが際立って、そんな声はほとんど上がっていませんね。

鬼滅の刃うずいてんげんの左目の模様の意味を特定!化粧が派手すぎ?

リサ(LiSA)の歌い方が嫌いでムカつくと言われる理由とは?

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

error: Content is protected !!