話題

タケモトピアノCM出演者の女性ダンサーは誰?財津一郎の現在や社長もチェック

タケモトピアノのCMと言えば、「電話してちょーだい!」のフレーズでおなじみですよね!

 

毎日のように見かけるし、あの女性ダンサーの独特の動きが頭から離れません。

 

CMに出演している男性は、元吉本で、国民的俳優の財津一郎さんです。

 

最近はタケモトピアノのCMでしかお見かけしない財津さんですが、現在は何をされているのでしょうか?

 

今回は、「タケモトピアノCM出演者の女性ダンサーは誰?財津一郎の現在や社長もチェック」と題して、財津一郎さんの現在と、共演していたダンサー、そして社長は誰なのかについてお伝えします。

 


タケモトピアノCMに出演していたダンサーは誰?

 

 

タケモトピアノのCMを語る上で欠かせないのは、財津一郎さんの周りを囲んで、全身キラキラのタイツに身を包み、クネクネしたダンスを披露する謎の女性ダンサー達ですよね。

 

実際のタケモトピアノのCM動画はコチラになります。

 

 

彼女たちは一体誰で、どこからやってきたんでしょうね。

 

この4人のダンサーについて調べたところ、以前はネット上で「タケモトピアノの社員ではないか?」とする情報もありました。

 

ですが、財津一郎さんのインタビューによりますと、彼女たちは「関西の名ダンサーたち」なんだとか

 

ダンサーさんの名前や現在の出演についてはわかりませんでしたが、CMの放送開始がおよそ20年前ですので、現在は40代ぐらいではないかと思われます。

 

ただ、当時のCM画像の彼女たちの顔を拝見していますと、見ようによっては40代位に見えなくもないと思いません??

 

もし本当にそうだったら2020年現在は、還暦(アラカン)女性ですよね。

 

ちなみにあの独特な動きを振り付けしたのは「慎吾ママのおはロック」や、BBクイーンズの「おどるポンポコリン」なども手がけた「香瑠鼓(かおるこ)」さんという方なのだとか!

 

ちなみに過去にはこんな旧バージョンのタケモトピアノのCMもありました。

 

 

もしかして、どちらのCMも同じ女性ダンサーのみなさんかもしれないですよね!

 

タケモトピアノCM出演者・財津一郎の経歴プロフィール!現在は何してる?

 

続いてタケモトピアノに出演していた、財津一郎さんのプロフィールをご紹介します!

 

財津一郎(ざいつ いちろう)さんは日本の俳優、コメディアン、歌手をされています。

 

本名は財津 永栄(ざいつ ながひで)

 

以前は財津 肇メ(ざいつ はじめ)という名前で芸能活動をしていました。

 

財津一郎さんの出身地は熊本県熊本市です。

 

生年月日は1934年2月22日生まれで2020年現在は、86歳になりますね。

 

財津一郎さんのご実家は神武天皇の時代から続く名家で、父親は農林省(現:農林水産省)の役人でした。

 

熊本から上京後、1953年に早大文学部演劇学科を受験するも失敗

 

早大近くでアルバイト生活をしつつ、榎本健一映画演劇研究所(エノケン学校)で演技を勉強し、帝劇ミュージカルの研究生になります。

 

エノケン学校卒業後、偶然野球場で憧れの仲代達矢さんに遭遇したことがキッカケとなって、1955年21歳の時に、財津肇メの芸名で石井均一座に入門することになります。

 

1962年に吉本興業に入社。

 

1964年から吉本新喜劇に参加した時に、芸名を当時の吉本社長の林弘高さんによって「財津一郎」と改められました。

 

1969年に吉本興業を退社して東京に活動拠点を移し、『3年B組金八先生』第一シリーズでは英語の教科担任・左右田先生役で人気を集めます。

 

その後も数多くのドラマに出演していた財津さんでしたが、1995年、61歳の時に脳内出血を発症してしまいます。

 

開頭手術後は左半身に軽い麻痺が残りましたが、リハビリの結果3ヶ月後にテレビドラマ復帰を果たしています。

 

財津一郎さんと言えば、特徴のある声なんですよね!

 

この声が評判を呼んで、『こてっちゃん』や『タケモトピアノ』などの出演で関西を中心にブレイクしていきます。

 

「タケモトピアノのCM」はその後も20年近くにわたって放送され続けていますよね!

 

あまりのインパクトの強さに、財津一郎さんがタケモトピアノの社長さんだと思っていた人もいるようです。

 

 

2011年3月27日放送の『3年B組金八先生ファイナル』出演以降は、「脳出血などの病気や、奥様の具合が悪い。」ことなどから、芸能活動を休止されています。

 

2020年11月現在でも、かつて撮影したドラマ・映画・CMが放送されている以外は実質的な引退状態となっています。

 

タケモトピアノの社長は誰?CMから調査してみた

 

そんなタケモトピアノのCMは誰もが知っていると言ってもいいと思いますが、実際にどんな会社なのかはよく知らない人も多いのではないでしょうか。

 

タケモトピアノは、大阪府堺市堺区に本社を置く中古ピアノの買取・販売の企業です。

 

設立は、1981年(昭和56年)6月となっています。

 

タケモトピアノの会社では以前より東南アジアの貧しい幼稚園や小学校にピアノを送るボランティア事業を行なっており、ヨーロッパ・アメリカ・オセアニア・東南アジアなど、世界約50カ国に輸出を行なっています。

 

タケモトピアノの現在の社長の名前は、竹本圭一さんといいます。

 

財津一郎さんをCMに起用したといわれるのは、先代で創業者の竹本功一さんです。

 

竹本功一さんは2015年に社長職を退き、現在は会長をされています。

 

そして何と「タケモトピアノ」CMのヒットにより、CM関連グッズやCD・DVDなども発売されているんだとか。

 

それだけ、人気のCMということなんでしょうね。

 

 

タケモトピアノの社長・会長の画像について調べましたが、残念ながら、2020年現在でも、本人だと特定できるものは見つかりませんでした。

 

他にも何か追加の情報がありましたら、こちらに追記させていただきますね!

 

タケモトピアノのCMはなぜテレ朝で流れるの?

 

そんなタケモトピアノのCMですが、2020年11月24日放送の日本シリーズの合間に流れるCMとして連続で流されることがネット上で話題になりました。

 

あまりにも頻繁に流れたことから、余計に反応があったようです^^

 


 

まとめ

 

今回は、タケモトピアノのCMに出演していた、女性ダンサーや、財津一郎さん、会社の社長についてまとめてみました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!